短期投資を成功させるために”必ず”必要なもの

ある投資系のセミナーで
効率良くお金を増やすためには
短期・中期投資をするのが一番。
長期投資はオススメしません。
と、お伝えしていたそうです。

その主張の根拠が
例えば、10年後の世界がどうなっているのかは誰も分からないので
ずっと運用し続けるのはよろしくない。
短期で確実に利益を積み重ねていくのが着実だ!
というものです。

正直、意味がよく分かりません笑。
この主張が正しければ
世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットは
なぜ長期投資をしているのでしょうか?

短期には必要で、長期には不要なもの

短期で利益を積み重ねて資産を増やすことも、もちろんできます。
実際にそれで資産作りをしている人もいます。

それでも、私は
資産形成をするなら長期投資をオススメします。

なぜなら、長期投資をする時には
「損切り」のスキルを身につける必要がないからです。
この「損切り」が不要なだけで
精神的にとても落ち着いて、投資することができます。

この損切りのスキルは、
短期投資において必ず必要です!

損切りなくして、投資の成功なし!!
とまで、言われているほどです。

成功する投資は、頭で分かって行動にも移す

損切りの大切さは、短期投資家なら誰でも分かっているでしょう。

しかし、頭で分かっている人の中で
どれだけの人が行動に移せているのでしょうか?

私たち人間は、損失の確定をできるだけ先延ばしにしようと考える性質をもっています。
この性質がせっかく作ったルール通りに損切りを行うことを邪魔するのです。

同じ投資塾に通っても
成果が出る人とそうでない人とで分かれるのも
この損切りできない性質が邪魔をして
学んだことを、正しく実践するのを阻んでいるからです。

損失を確定させるのが精神的に、イヤなので
もう少し待っていたら反転して、損失が少なくなるかもしれない。
もしくは、損失から利益に転じるかもしれない。
という、根拠のない推測にすがってしまうのです。

そして、損失がどんどん大きくなっていく・・・

その損失は確定させて
次の新しい利益獲得のチャンスに移るのが正しい行動です。

短期投資で成果を出すには心の葛藤をなくす

成功する投資家になるためには、
損切りすべきかどうかと、常に心の葛藤を伴っている
羊マインドは、きれいさっぱり捨て去りましょう。

そのためには、練習(実践でのデモでも)を繰り返す必要があります。

短期投資で利益を出し続けるためには
それなりの時間と練習が必要なのです。
そして、運用資金も。

心の葛藤、練習、資金というハードルを
全てクリアにしているのが長期投資です。

短期投資を行うには、長期投資に勝る
投資の知識、経験が必要です。

効率良い資産形成を望むなら
心の葛藤などを伴わない長期投資でお金を増やしつつ
短期投資を行うための知識を増やす。
そして、準備ができたら長期投資はベースとして運用しつつ
プラスアルファの投資スタイルとして
短期投資を組み合わせるのが良いと思います。

まとめ

投資と言えば株やFXなどを短期売買すること、
と考えている人が多いです。
ですが、投資と言ってもそのスタイルは様々で
短期投資で値上がり、値下がりを注目しながら売買することだけが投資ではありません。

投資は「お金を育て、増やすこと」です。
時間をかけてゆっくり育てても増えるものです。

各投資スタイルに必要な正しい知識を身につけて
長く続けられる投資を行っていきましょう。

成功する投資は「今」ではなく「将来」の値上がりを考える

連休が終わり、今日から仕事始まりの人が多いのではないでしょうか?
久しぶりの仕事で、ワクワクしている人もいれば
いつもの会社生活がまた始まる・・・と、どんよりしている人もいるでしょう。

そんな両極端な思いを抱きながらも、まじめに会社に通う多くの理由は
お給料をもらって、経済的に自立するためだと思います。

経済的に自立するといっても、
貯金だけの人
投資を既に始めている人
これから投資を始めようとしている人
と、様々な人がいらっしゃいます。

その中でも、どんな人がどんな風に投資をしているのかを
この連休中にリサーチしていて、引っかかったことがあります。

他人の投資状況は気にしない

それは、投資塾主宰者の資産状況
(どういう株や不動産などの資産を持っていて、
どういう風に運用しているのか)
を開示されなかったと、不満を言っている人がいたことでした。

他人の資産状況の情報が、自分の資産を増やす上で必要でしょうか?
投資をする目的は「自分の資産を増やすこと」

他人の資産状況や運用状況などを知っても全く参考になりません。
仮に同じ株式を買えたとしても、
その株式がこれからも値上がりするかもしれないし
値上がりしないかもしれません。
もしかしたら、今が売り時かもしれないですからね。

「今」ではなく、「将来」値上がりする商品を買うのが投資

世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェットの言葉にこのようなものがあります。

買おうとしている資産の将来の利益ではなく、価格変動に注目しているのならば、
それは投機です。
また、検討きている資産が最近値上がりしたという事実は、買う理由にはなり得ません。

つまり、
「〇〇さんが持っている△△の資産が今、値上がりしているから自分も買おう」
という考えは、資産形成する上では適さない考え方です。

将来、値上がりする商品を買うとは、
株式なら、株価は企業価値を反映しているので
将来において、企業価値が高まると予想される会社の株式を買う
だとか、
将来において、値上がりすると予想されるファンドを買う
ということです。

大暴落や株価急落の時を、大バーゲンセールと一部の人が言っているのは
値下がりは一時的で、これからかなり値上がりが予想されるからです。

株価や指数が上がる時だけが、自分の資産が増えると考えるのは投資ではありません。
株価や指数が下がった時でも、自分の資産を増やせるチャンスはたくさんあるのです。

まとめ

投資の鉄則は
・他人と比較をしない
・将来値上がりするものに投資をする
・今、値上がりしているかどうかは重要ではない

特に、いま値上がりしている商品を追わなくても良いことがきちんと頭にインプットされると
昨年末のような暗号通貨の高値掴みをして
資産を減らしてしまう人も少なくなるでしょう。

2010年頃から投資を始めて資産を増やしている人は
リーマンショックの影響で企業価値に比べて割安になった株価を買い
安値掴みできた人たちがほとんどです。

みなさんが資産形成をする際、この鉄則ぜひ参照してください。

世界一不安を感じやすい日本人が投資するのに必要な思考とは

幸せホロモンと言われているセロトニン。
これがたくさん分泌されると、リラックスして精神が安定すると言われています。
自分の最高の価値観を満たす行動をしている時も
結果がどうであれ、セロトニンが分泌されて幸せを感じます。

一方、このセロトニンが不足すると
不安を感じたり、精神不安になったり、体の代謝も下がるそうです。

幸せで健康な生活を送るためには、
いかにセロトニンを十分に分泌させるのが大切です。

そしてセロトニンを分泌した次は、それを伝える必要があります。
その時に活躍するのが、セロトニントランスポーターです。

セロトニントランスポーターとは

セロトニントランスポーターとは、セロトニンの伝達に関係する
遺伝情報が書き込まれた遺伝子のことです。

この遺伝子はS型とL型の2種類の遺伝子からなっていて、
SS型、SL型、LL型の3つの分類に分けられます。
S型はL型よりもセロトニントランスポーターを生み出す量が少なく、
幸せホルモンを伝達しにくい特徴があります。
その結果、SS型の人はSL型、LL型よりも
幸せを感じにくい=「不安を感じやすい」傾向にあることが分かっています。

このこともあり、セロトニントランスポーターS型は
別名、不安遺伝子や恐怖遺伝子として呼ばれています。

日本人は世界一不安を感じやすい?!

この遺伝子型を持つものの割合は国や民族によって
異なると研究結果によって分かっています。
日本人はS型保有傾向が欧米人に比べ5割も多い代わり、
LL型保有者は3%と世界で最も少ないです。
傾向としては、アフリカ > 欧米 > アジアの順番で、LL型が減るそうです。

20歳前後の日本人女性200人を対象にした調査でも、
SS型が68.5%と2/3以上の割合を占めていたことが分かりました。

日本人は慎重すぎる、失敗を恐れ過ぎてチャレンジしないと言われてきましたが、
これは遺伝子に基づいた気質だったのです。

人の脳は生存維持の点から、
不安を感じたら現状維持を求める傾向にあるそうです。
不安を感じる新たなことにチャンレンジするよりかは、
何もせずに今の生活を続ける方が生存率を上げるには
良いと本能が判断するのだそうです。

今の生活を続けて不安は解消されますか?

前置きが長くなりました。ここからが本題です。
日本人は遺伝的に不安を感じやすく、現状維持を好む傾向が強いことを述べてきました。

これが、資産形成をなかなか始められないことに、とても影響していると考えます。

貯金だけではお金は増えないので、将来のお金に不安がある。
だから、投資をしようにも知識がないので何をしたらよいか分からない。
貯金だけだとお金は増えないが減ることはない。
(厳密にはインフレが進めばお金は減るりますが、ここではそれは横に置きます。)
ヘタに投資をしたらお金が減るかもしれない。
結論、今のままで様子を見よう。

投資をしていない人のほとんどの方が、このパターンに当てはまるのではないでしょうか?

不安を受け入れた上で、発想を転換させる

上記のような思考パターンが染みついている日本人が
投資を始めるためには、どうすれば良いのでしょうか?

将来のお金の不安をなくすために、資産形成を実践しよう!
と行動に移すために、発想を転換させます。

将来のお金に不安がある、というこの不安は一旦、受け入れます。
その上で、「その不安をなくすためにはどうすれば良いか」を考えます。

将来のお金の不安をなくすためにはどうすれば良いか?
働き続ける or 働き続ける&資産形成する。
そのためにはどうすれば良いか?
一生働きたい!と思える仕事を見つける
投資を始めるための知識を身につける
など。

不安を感じやすい遺伝子なら、その不安は一旦受け入れた上で、
「その不安をなくすためにはどうすれば良いのか?」
と考え行動するのです。

最後に

資産形成で最も大切なのは
どれだけ増やすか、ではなくどれだけ減らさないかです。
どれだけ増えても嬉しいだけですからね。

老後資産の目標は1億円以上が当たり前は本当?!

1億2千万円
何の数字だと思いますか?

これは、シンガポールで老後までに貯める目標金額です。
日本で老後のお金が心配と言う人はたくさんいても
いくら必要なのかはっきりしていない人が多いですよね。
ですが、シンガポールでは多くの人が
老後資金に1億2千万円が必要と答えます。

シンガポールでは小さい頃から
「老後までに1億2千万円を作りなさい」
と教えられて育ちます。

これが大きく影響しています。
目標金額を親に教えてもらって(刷りこまれて)育つので、
自然と1億円以上の資産を築かなきゃと考えるようになるそうです。

日本で「とりあえず貯金をしなさい」
と教えられて育てられるのと対照的ですね。

なぜ1億円超えの資産が必要なのか

この背景には年金が大きく関係しています。
シンガポールではいわゆる公的年金が存在しません。
なので、仕事からの収入がなくなった老後には
国からの補助はなく、
完全に自分のお金で生活費を賄わなければいけません。

一方、日本には公的年金制度があるから
自分で資産を築かなくても将来は安心か?
と言えば、そんなことないです。

日本でも
「将来年金をもらえるのか不安」
との声があちこちで声が上がっています。
年金に頼れないなら、将来どうするのか?
シンガポールと同様に自分で資産を築くしかありません。

1億円超えの資産を誰でも築けるのか

23歳から65歳までの42年間働いたとして
働いた期間ずっと毎月貯金で1億2千万万円を作るためには
毎月238,000円の貯金が必要です。

20万円超えだなんて、新入社員の初任給を軽く超えていますね!

2016年11月17日に発表された厚生労働省の
「平成28年賃金構造基本統計調査」の結果によると、
大学卒の初任給(6月分)の平均は203,400円となっていました。

もちろん、40代、50代の方にとっても
毎月20万円を超える金額を積立て続けるのは難しいでしょう。

つまり、
貯金だけで1億円を超える資産を築くのは現実的ではありません。

1億2千万円までに必要な毎月の金額はいくらか

貯金だけでダメならどうするのか。
やはり、投資を活用するしかありません。

例えば、年利5%で運用すると
毎月69,500円の積立てで
42年後に1億2千万円になります。

年利5%と、お金に働いてもらうと
毎月の積立て金額を1/3近くにまで抑えることができます。
素晴らしいですね。
そして、7万円弱の毎月積立てだと
実現できそうに思えてきませんか?

年利8%での運用だと
毎月積立て金額は28,500円!

資産形成の3原則は
長期、積立て、分散です。

ヘタに仮想通貨などに手を出さなくても
資産形成の3原則を徹底するだけで
1億円超えの資産は築けるのです。

まとめ

将来のお金に不安があっても
行動しなければ何も変わりません。

年金制度に不安があれば
年金に頼らない、年金がゼロでも困らないだけの資産を築けば良いだけです。

そのような資産を築くのに最適なのが長期投資です。
一見、地味なようにみえますが
毎月コツコツと積立てて運用するのが
1億円の資産までの一番安全で簡単な道のりなのです。

将来お金の不安をなくすのに、高利回り投資は不要です

学校で特別お金の勉強をするわけでもなければ
社会に出てもお金の勉強をし続けなくても
日本では問題なく生活できます。

現に、20代から30代前半の大学生、大学院生、若手のビジネスパーソン
500名を対象にした調査では
『金融・投資に関心が薄く、自身の収支を把握している人も少なく、
金融リテラシーは高くないと思っている人が9割を超えている』
という結果でした。
参照元:https://goo.gl/AJ294y

お金に無関心・無知でいても問題なかったのは過去の話。
低金利の影響で貯金だけではお金が増えない時代にとっくに突入しているため
自分の力でお金を増やすことが、今後ますます求められます。

投資の目的は何ですか

自分で資産運用をすることが求められている最大の理由は
貯金だけでは老後資金を貯えきれないためです。

既に投資をされている方に、なぜ投資を始めたのか?
と尋ねたところ、ほとんどの方が
「将来のお金の不安をなくすため」
と、答えられます。

「将来のお金の不安」=「老後の不安」が現実のものとなるまでには、
たいていの場合、十~数十年の期間があります。

それなのに、多くの人がお金を増やすため
2、3年でドーンとお金が増え老後の備えに到達できるような
ギャンブル的投資にお金を投じていることが非常に多いです。

昨年末から今年に入り、初めての投資で仮想通貨を買っている人も
まさにこのパターンです。

将来のお金の不安をなくすには長期投資が一番

老後の資金を貯めるために
急騰と急落を繰り返す商品に
お金を投じるのはなぜなのでしょうか?

それは、当初の目的(将来のお金の不安をなくす)を忘れ
目先の利回りにつられてしまうからです。

10年以上後に必要なお金を貯めるためなら
2,3年で準備しようと急がずとも
10年くらいかけてゆっくりと増やしていっても十分なのです。
老後のお金の不安はなくせます。

利回りのことは「期待リターン」とも言います。
つまり、〇%のリターンが期待(予想)されるだけで
決定されているわけではありません。

そして、利回りが高いということは、
その分「リスクも同じように高い」
という事実に目を向ける必要があります。
リスクが高いということは
「投資に失敗する可能性が高い=将来のお金の不安が消えない」ことを意味します。

逆に言うと
リスクが低い商品で長期投資をすると
「投資に失敗する可能性が低い=将来のお金の不安がなくなる」ことを意味します。

なので、将来のお金の不安をなくすためには
長期投資が一番なのです。

まとめ

高い利回りを求めて投資をすることが決して悪いわけではありません。
また、その気持ちも十分に分かります。

大切なのは「どれだけ高い利回りを出すのか」ではなく、
投資の目的を達成するために最適な利回りとリスクの中で運用することです。

投資デビューの際や、投資スタイルを見直す際に
参考になれば嬉しいです。