会社員のみなさん、退職金の”運用”は大丈夫ですか?

確定拠出年金制度の導入が2018年3月末で3万社を超えました。
これは、「2020年に2万社」という政府目標を
大きく上回るスピードです。

詳細はこちら

確定拠出年金とは、ざっくり言うと
「会社の代わりに社員ひとりひとりが
将来もらう予定の退職金を自分で運用する」
制度です。

みなさんが勤めている会社にも導入されていますか?

なぜ、多くの企業が確定拠出年金制度を採用するのか

予想以上のスピードでこの制度を導入する企業が増えている理由の一つに
退職金運用のリスクを会社が負わなくて良い
があります。

これまでの退職金制度(確定給付年金)では
予定通りの運用利回りを出せなかった時、
足りないマイナス分を、会社が補てんしていました。

厚生年金基金や確定給付企業年金はほぼ90%の機関が、
予定利率5.5%の運用をコミットしていました。
なので、会社も5.5%の利回りを前提に
退職金の積み立てと、
将来の支払いを計算していたと思います。

しかし、現実は厳しいもので
運用結果は平均3.5%の利回りというものでした。

2%を小さい数字に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
投資の世界において、2%の差はとても大きいです。

このとても大きい差を補うために
自社の利益から補てんして
企業は退職金を支払っていました。

しかし、補てん額があまりにも大きくなり
会社の負担が大きくなったので、
この負担を社員一人一人に負ってもらおう!
という背景があり、
多くの会社が予想以上のスピードで
この確定拠出年金制度を導入しています。

退職金を自分で運用して増やす

確定拠出年金は、
自分で商品を選んで運用しなければいけません。

「退職金は自分で運用してね」と急に言われても、
お金の知識、投資の知識が自動的に身に付くわけでもなく
運用方法がさっぱり分からず途方に暮れる社員がたくさんいるようです。

その結果、リスクを負わず、
元本保証型(つまり定期預金)の運用をすれば
”可もなく不可もなく”で良いのではないかと思う人が多いようで
統計によると6割の方が元本保証型の商品を選んでいます。

この”可もなく不可もなく”と思われる選択ですが、
実際は不可の選択です。

なぜなら、先に見たように多くの企業は
5.5%の利回りを前提にして退職金額を決めていました。
それが元本保証でほとんど運用利回りがなければ
それはすなわち、将来もらう退職金額を減らすことを意味します。
マイナスを補てんしてくれる存在(会社)は
もういないですからね。

つまり、親世代と同じレベルや、それ以上の額の退職金をもらうためには
元本保証型の商品を選んではダメで
利回りが期待できるリスク商品を運用する必要があります。

会社員こそ投資が必要

もちろん、何の知識もなしに運用したら
変な商品を掴んでしまう可能性があります。
せっかく運用をしているのに
元本保証型よりもさらに利回りが悪くなっては
元も子もありません。

なのでこれからの時代は、
今まで以上にお金の勉強が必要だし
会社員こそ、投資をする必要があります

自分の会社が
確定拠出年金(DC, 401k)かどうか分からない。
という方は、自分の将来のお金に無頓着過ぎです。

もっと自分の将来に責任を持って
お金について知識を増やし
賢く運用しましょう。

年利10%を継続するのは超優秀という事実

投資初心者向きの投資商品は何ですか?

よく聞かれる質問です。
あなたも一度は、この質問をしたことがありますか?

投資初心者に向いている投資商品というものはありません。

投資初心者でも
資産が10万円しかない人と
資産が1000万円ある人では
投資の戦略が変わる=買う商品が変わるからです。

ですが、投資でお金を増やすベース作りには投資信託が最適です。
ポイントさえ押さえれば、複雑で難しい金融知識を備える前でも
増え続ける投資を始めることができるからです。

私自身、株、FXとトレードしていますが
これも投資信託でしっかりベースを築いているから
トレードの成果が出ていると考えています。

年利10%を継続するのは超優秀という事実

投資信託はお金が増えない。
と、残念ながら一部では言われています。

確かに、資産が増えない投資信託がほとんどです。
日本に存在している8割くらいは、資産が増えない商品ではないでしょうか?
逆に言うと、2割の商品をちゃんと選ぶと資産は着実に増えていきます。

投資信託でも、年利6%や10%は出すことができます。
投資戦略に沿って、分散投資、少なくとも年に1回の見直しを行うだけで
年利10%を継続的に出し続けることができるのです。

客観的な事実として、
継続して年利10%を達成すると
ファンドマネージャー(投資信託を運用してくれるプロ)として
超優秀という評価を頂けるようです。

超優秀のプロとして評価される利回りを
素人投資家でも出すことができるとは
投資信託は夢のある投資商品だと思いませんか?

ベース投資とギャンブル投資を上手く使い分ける

昨年は後半から仮想通貨がバブル並みの上昇相場を示しました。
何万%の上昇率を叩きだした通貨もあるようです。

お金を着実に増やしたいという思いがある投資家なら、
決して手を出さない上昇率です。

なぜなら、このような高い上昇率は、必ず同じだけの下落率を伴う
非常にリスクが高い投資だからです。
投資というか、もはやギャンブルです。

ギャンブル投資を続けていては
資産が増えるのかどうかも、掛けになってします。

それでは、一向に思い通りに資産を増やすことができないかもしれません。

リスクが高く、多くの知識・分析が必要な株やFXトレードをする際は
投資信託でしっかり増え続けるベースを築き
なくなっても良い別の予算でするのが
効率よくお金を増やすことができる投資戦略です。

成功する投資には分散投資が欠かせません。
分散と効かせるほど、リスクを下げて安全に投資することができます。

ギャンブル投資はやらない方が良いに限りますが
どうしてもする際は、ベースの資産形成をした上で行いましょう。

好きなことを仕事にする時の外せない大切なポイント

多くの人が「好きなことを仕事にしよう」
という言葉を、一度は聞いたことがあると思います。

一方で、好きなことを仕事にすると
好きなことが嫌いになってしまうから
仕事にしない方が良い、と主張する方もいます。

私自身、好きなことを仕事にしているの内の一人なので
この意見にはもちろん賛成です。

反対している人は
「好きなこと」を少しズレて捉えていると思います。

好きなことを仕事にする時の外せない大切なポイント

好きなことを仕事にするとは
趣味を仕事にする、という意味ではありません!
そこには、外せない大切なポイントがあります。

それは、「好きなこと」の具体的な行動ではなく
なぜそれが好きなのかという、
一段深掘りした答えを仕事にするのです。

意味がよく分からないと思うので、
ヨガを例にして説明します。

ヨガが好きな人がいて
ヨガの先生になったらヨガが嫌いになった、
という人がいたとします。

この人は、8時間オフィスワークをした後に
ヨガで身体を伸ばして、汗もかいて、気分がスッキリする
その状態に浸れることに高い価値を抱いて
ヨガが好きだったのかもしれません。

それをヨガを仕事にすると
オフィスワークのせいで身体が固まるということがなく
固まった身体を伸ばすという、爽快感やメリハリがなくなり
以前まで感じていた充実感を感じられないのかもしれません。

これが、ヨガを通して「いまここ」の境地にいることが好きだった場合
ヨガを仕事にして、常に「いまここ」の境地にいられるようになり
とても充実した日々を送れるし、
ますますヨガも好きになるでしょう。

好きなことを仕事にする時のポイント
その行動そのものではなく
一段深掘りした(抽象度を上げた)先にあるものを満たすことを
仕事にすることです!!

自分だけの好きを突き詰める

好きなことを仕事にするには
自分はどういうことが好きなのか、
どういう状態でいるのが好きなのか、
を深掘りして考えることが必要です。

趣味をなんとなく仕事にしても「違ったかな?」と思ったり
他人の働き方をマネしても「楽しくない」と思うのは
自分が大切にしていることを満たしていないからなんですね。

何を仕事にするのかの中身もそうですが
働き方のスタイルも、
自分が大切にしていることを満たすことで初めて充実したものになります。

私自身、起業したての頃は
「ひと月〇日の仕事だけで、サラリーマン時代より収入アップ」
という、今思えばよく分からないフレーズが起業女子会で流行っていて
私もこの働き方を実践したこともあるのですが、
実践した結果・・・

ヒマ!
毎日が全く充実していない!!
という結果に至り、起業しても仕事を詰めている日々です笑。

のんびり仕事をする
というのが、私の中で求めている働き方のスタイルではなかったのですね。

人見知りはするものの、
人とのつながりを持つこと、会話を通して仲を深めること
に価値観が高い私は、家で一人のんびりと仕事をすることは向いていなかったのです。

他人にアドバイスを聞くのも良いですが
自分が何を大切にしているのか。
まずはそれを深掘りして明確にしてみてください。
それを満たすところに、理想の仕事、働き方があります。

好きなことを仕事にする人が一人でも増える
参考になれば嬉しいです。

短期投資を成功させるために”必ず”必要なもの

ある投資系のセミナーで
効率良くお金を増やすためには
短期・中期投資をするのが一番。
長期投資はオススメしません。
と、お伝えしていたそうです。

その主張の根拠が
例えば、10年後の世界がどうなっているのかは誰も分からないので
ずっと運用し続けるのはよろしくない。
短期で確実に利益を積み重ねていくのが着実だ!
というものです。

正直、意味がよく分かりません笑。
この主張が正しければ
世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットは
なぜ長期投資をしているのでしょうか?

短期には必要で、長期には不要なもの

短期で利益を積み重ねて資産を増やすことも、もちろんできます。
実際にそれで資産作りをしている人もいます。

それでも、私は
資産形成をするなら長期投資をオススメします。

なぜなら、長期投資をする時には
「損切り」のスキルを身につける必要がないからです。
この「損切り」が不要なだけで
精神的にとても落ち着いて、投資することができます。

この損切りのスキルは、
短期投資において必ず必要です!

損切りなくして、投資の成功なし!!
とまで、言われているほどです。

成功する投資は、頭で分かって行動にも移す

損切りの大切さは、短期投資家なら誰でも分かっているでしょう。

しかし、頭で分かっている人の中で
どれだけの人が行動に移せているのでしょうか?

私たち人間は、損失の確定をできるだけ先延ばしにしようと考える性質をもっています。
この性質がせっかく作ったルール通りに損切りを行うことを邪魔するのです。

同じ投資塾に通っても
成果が出る人とそうでない人とで分かれるのも
この損切りできない性質が邪魔をして
学んだことを、正しく実践するのを阻んでいるからです。

損失を確定させるのが精神的に、イヤなので
もう少し待っていたら反転して、損失が少なくなるかもしれない。
もしくは、損失から利益に転じるかもしれない。
という、根拠のない推測にすがってしまうのです。

そして、損失がどんどん大きくなっていく・・・

その損失は確定させて
次の新しい利益獲得のチャンスに移るのが正しい行動です。

短期投資で成果を出すには心の葛藤をなくす

成功する投資家になるためには、
損切りすべきかどうかと、常に心の葛藤を伴っている
羊マインドは、きれいさっぱり捨て去りましょう。

そのためには、練習(実践でのデモでも)を繰り返す必要があります。

短期投資で利益を出し続けるためには
それなりの時間と練習が必要なのです。
そして、運用資金も。

心の葛藤、練習、資金というハードルを
全てクリアにしているのが長期投資です。

短期投資を行うには、長期投資に勝る
投資の知識、経験が必要です。

効率良い資産形成を望むなら
心の葛藤などを伴わない長期投資でお金を増やしつつ
短期投資を行うための知識を増やす。
そして、準備ができたら長期投資はベースとして運用しつつ
プラスアルファの投資スタイルとして
短期投資を組み合わせるのが良いと思います。

まとめ

投資と言えば株やFXなどを短期売買すること、
と考えている人が多いです。
ですが、投資と言ってもそのスタイルは様々で
短期投資で値上がり、値下がりを注目しながら売買することだけが投資ではありません。

投資は「お金を育て、増やすこと」です。
時間をかけてゆっくり育てても増えるものです。

各投資スタイルに必要な正しい知識を身につけて
長く続けられる投資を行っていきましょう。

成功する投資は「今」ではなく「将来」の値上がりを考える

連休が終わり、今日から仕事始まりの人が多いのではないでしょうか?
久しぶりの仕事で、ワクワクしている人もいれば
いつもの会社生活がまた始まる・・・と、どんよりしている人もいるでしょう。

そんな両極端な思いを抱きながらも、まじめに会社に通う多くの理由は
お給料をもらって、経済的に自立するためだと思います。

経済的に自立するといっても、
貯金だけの人
投資を既に始めている人
これから投資を始めようとしている人
と、様々な人がいらっしゃいます。

その中でも、どんな人がどんな風に投資をしているのかを
この連休中にリサーチしていて、引っかかったことがあります。

他人の投資状況は気にしない

それは、投資塾主宰者の資産状況
(どういう株や不動産などの資産を持っていて、
どういう風に運用しているのか)
を開示されなかったと、不満を言っている人がいたことでした。

他人の資産状況の情報が、自分の資産を増やす上で必要でしょうか?
投資をする目的は「自分の資産を増やすこと」

他人の資産状況や運用状況などを知っても全く参考になりません。
仮に同じ株式を買えたとしても、
その株式がこれからも値上がりするかもしれないし
値上がりしないかもしれません。
もしかしたら、今が売り時かもしれないですからね。

「今」ではなく、「将来」値上がりする商品を買うのが投資

世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェットの言葉にこのようなものがあります。

買おうとしている資産の将来の利益ではなく、価格変動に注目しているのならば、
それは投機です。
また、検討きている資産が最近値上がりしたという事実は、買う理由にはなり得ません。

つまり、
「〇〇さんが持っている△△の資産が今、値上がりしているから自分も買おう」
という考えは、資産形成する上では適さない考え方です。

将来、値上がりする商品を買うとは、
株式なら、株価は企業価値を反映しているので
将来において、企業価値が高まると予想される会社の株式を買う
だとか、
将来において、値上がりすると予想されるファンドを買う
ということです。

大暴落や株価急落の時を、大バーゲンセールと一部の人が言っているのは
値下がりは一時的で、これからかなり値上がりが予想されるからです。

株価や指数が上がる時だけが、自分の資産が増えると考えるのは投資ではありません。
株価や指数が下がった時でも、自分の資産を増やせるチャンスはたくさんあるのです。

まとめ

投資の鉄則は
・他人と比較をしない
・将来値上がりするものに投資をする
・今、値上がりしているかどうかは重要ではない

特に、いま値上がりしている商品を追わなくても良いことがきちんと頭にインプットされると
昨年末のような暗号通貨の高値掴みをして
資産を減らしてしまう人も少なくなるでしょう。

2010年頃から投資を始めて資産を増やしている人は
リーマンショックの影響で企業価値に比べて割安になった株価を買い
安値掴みできた人たちがほとんどです。

みなさんが資産形成をする際、この鉄則ぜひ参照してください。