将来のお金の不安をなくすたった一つの方法

   

投資を始める理由の一つに
「将来のお金の不安」があります。
将来のお金の不安は、
資産をどれだけ築いたらなくなるのでしょうか?

定年までに3,000万円や4,000万円の資産を作りましょうと
主張している記事をよく見かけます。
ということは、3,000万円や4,000万円の資産を築くと
将来のお金の不安はなくなるのでしょうか。

将来のお金の不安をなくすたった一つの方法

例えば、定年までに4,000万円の資産を作ったとして
1年後には3,500万円に減り
2年後には3,000万円に減りという状況で
お金の不安はなくなりますか?

それともこんな場合はどうでしょうか?
1年後も4,000万円
2年後も4,000万円

もしくは
1年後は4,100万円
2年後は4,200万円

定年後、いくら経っても資産が減らなかったり
減らないどころか増えたら
お金の不安なんて吹っ飛びますよね!

「使ったお金」と「投資で増えたお金」が同じ場合
資産は減りません。
「使ったお金」より「投資で増えたお金」が多い場合
資産は増えます

つまり、将来のお金の不安をなくすたった一つの方法は
投資でお金を増やし続けること
です。

FPの中には
「若い人はハイリスクハイリターンの運用をして
歳を重ねる事にローリスクローリターンに変更し
定年後は元本保証型(つまりは定期預金)に全額振り分けるのが良い」
とアドバイスされている方もいらっしゃいます。

せっかくお金を増やし続けたのに
定年後に運用を辞めてしまってはもったいないです。
定年になるまで運用していた商品がきちんと利益を出していたなら
定年後も、そのまま運用し続ける方が確実に良いです。

増え続ける資産のベース作り

では、将来のお金の不安をなくために
どんな商品を運用するのが良いのでしょうか。
まずは、投資信託で資産のベースを築くのをお勧めしています。

投資信託と言っても券会社の窓口で勧められる商品や、
ネット証券のホームページのトップで紹介されているような商品ではありません。

それらは往々にしてアクティブファンドという種類のもので
手数料が高いわりに、
長期間、期待したリターンを出し続けるものは少ないです。

最初に取り組むのは
インデックスファンドで十分です。
インデックスファンドでも年5~6%のリターンは出せます。

インデックスファンドは
小難しい金融知識を身につけていなくても
手数料や分配金の回数など
5,6個の項目をチェックするだけで
長期で運用するに値するものなのかどうかを
判断することができます。

インデックスファンドは
これから投資を始めるという方に
とても優しく、簡単で
増え続ける資産の基礎作りをしたい人にとっても
とても最適な投資商品です。

インデックスファンドで資産の基礎を築いた後から
株式や不動産、仮想通貨などの
ハイリスクハイリターン投資に入っても
全然、遅くはありません。

むしろ、インデックスファンドという安全網があるから
よりチャレンジした投資に踏み込んでも
失敗した時に大やけどを負わなくても済む
といった効果もあります。

まとめ

将来のお金の不安をなくすために必要なのは
〇〇万円といった資産ではなく
使っても減らないどころか、逆に増え続ける
金融資産を築いて運用することです。

そのための第一歩として
インデックスファンドで基礎作りから始めてみてはいかがでしょうか。

 - 資産形成