副業解禁時代だからこそ押さえる副業の3つの効果

今年に入り、中小企業だけでなく大手企業までが
どんどん副業解禁に動いています。
中小企業に関しては、2014年と比べると約4年で2倍以上の数の企業が
副業解禁に動いているという調査結果もあります。

政府もこの動きを後押しして、
今年の1月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成しました。

企業や政府があの手この手で副業支援を始めたのには理由があります。
それは、これまでの
企業からの収入(給与や退職金)と国の支援(年金など)では、
100年と言われている人生を生きる費用を賄いきれないからです。

働いて自分の力で収入を増やし
その収入を貯金ではなく投資をして、更にお金を増やす
ことが、ますます求められる時代になっているのです。

副業の効果とは

副業解禁へと時代は動いているとはいえ、
副業には一体どんな効果があるのでしょうか?
ここで改めて、その効果を見てみましょう。

大きく3つあります。
1.他業種の経験を積んで本業に生かす
2.副業で収入を増やす
3.お金を受け取る免疫が身に付く

1.他業種の経験を積んで本業に生かす

本業とは全く関係がない業界での仕事経験や知識が
自分の知見を広げることに繋がります。
本業の業界しか知らない人よりも柔軟な対応ができることにも寄与し、
それによって、本業でより高い成果を出すことの助けにもなります。

このような、他業種の事例や常識を取り入れたことで
成功した事例は事業運営でもたくさんあります。

例えば、高級旅館「星のや」などで知られる星野リゾートがあります。
星野リゾートは、トヨタ自動車の『多能工』を手本にした
マルチタスクのスタッフを揃えることで
強みを磨いています。
自動車製造業というホテル運営とは全く違う業界の成功事例から
成功要素を取り入れることで、事業を大きく成長させているのです。

また、副業経験者の中にはスキルアップ、年収アップ、人脈づくりや経験の蓄積、
そして地域活性化を求めて働いている人もいます。
副業に求めることは人それぞれですが、自身の成長や社会に対する貢献など、
ポジティブな理由が多くを占め、仕事に対する意欲の高さ、
副業による本業への相乗効果を伺うことができます。

2.副業で収入を増やす

会社の昇給は通常月1万円もない場合が多いです。(昇級の場合は除く)
副業によって、月の収入が1万円でも2万円でも増えることは
経済的に非常に大きなインパクトを与えます。

お金の不安は「生存の危機」と言われるくらい心理的に悪影響を与えます。
これは決して大げさではなく、
お金がないと、食べ物を買えない。
人は食べないと生きていけない。
という繋がりがあるからです。

また、不安にかられているとストレスホルモンも分泌され
本来持っているパフォーマンスも発揮できなくなり
仕事での成果も出しにくくなります。

その悪影響が副業によって収入が増えるとなくなるので
(お金の不安がなくなるため)
ストレスホルモンも分泌されず、正常に仕事をすることができます。
ともすれば、安心感によってそれまで以上のパフォーマンスを発揮して
仕事で成果を出す人もいるでしょう。

そうすると、
副業での収入増+本業での収入増とダブルで収入が増える
なんとも嬉しい状況になります。

3.お金を受け取る免疫が身に付く

これは将来、サラリーマンから独立して
おひとり様起業をしようとしている人には特に大切です。

多くのサラリーマンにとって、お金を受け取るのは
会社から振り込まれる給与のみです。
自分が提供したサービス(有形・無形問わず)に見合う金額を自分で設定し
それを相手に請求して、お金を受け取る
という経験をほとんどしません。

その結果、
お金を請求することに躊躇する。
お金を受け取ることに躊躇する。

好きなことを仕事にして楽しいけれど、経済的に豊かにならない
という起業家の人は、漏れなくこの躊躇心を持っています。

お金を請求することはネガティブ
お金を受け取ることはネガティブ
というベースが無意識に刷り込まれているので、
このように思ってしまいます。

それが、副業(アルバイトのようなどこかで雇われるのは別として)を通して
自分が提供したサービスの価値に見合う金額を受け取ることを経験することで
この躊躇心、いわゆる、お金のメントルブロックを徐々に外すことができます。

副業も価値と価値の交換で成り立っています。
自分が提供したサービスが、どれだけの価値があるかを判断し
それに見合う金額を相手に請求することは
サービスを受け取った相手にも、
その価値をしっかりと認識してもらえます。
そうすることで、価値に見合った金額を正常に循環させることができます。
この価値の循環を理解し、体験することで
お金のブロックも徐々に外れていきます。

このブロックはサラリーマンのような、毎月お金が自動で振り込まれる
という経験だけで取るのは難しいです。

副業サラリーマン時代にこのブロックを取り去ると
提供した価値に見合った金額を躊躇なく請求することができます。
提供した価値に見合った金額を躊躇なく受け取ることもできます。

人生100年時代と言われている今、
現役時代はサラリーマンとして働いたとしても
定年後にそれまでの経験を活かして起業するということも十分考えられます。

起業する時に、このお金のメンタルブロックがなく
価値に見合ったお金を請求して、素直に受け取れる免疫をつけておくことは
ビジネスを成長させるための大きな助けにもなります。

まとめ

副業による、本業への悪影響はゼロとは言いません。
ですが、今後の会社での働き方や人生100年時代の生き方を考えると
もはや副業は当たり前の働き方の一つになるのではないか、と考えています。

ソフトバンク株式会社の人事部の方は
「副業がもっと広がれば、一人ひとりが会社に縛られ続ける必要がなくなり、
年功序列、長時間労働、終身雇用といった日本型の雇用システムが崩れると思います。
そして、副業をする人が増えれば、成長している産業に人材が集まっていくので、
日本の労働生産性は上がっていくのではないでしょうか」
と語っています。

今の働き方を見直したい、将来起業したいなどと考えている方は
まず副業から始めてみるのをお勧めします。
そして、この3つの効果を実感されてみてください。

「お金を愛したら増える」は名言?それとも迷言??

〇〇を気にしない。
という言葉を使ったことありますか?

この「気にしない」というのは、
「それ以上は知るつもりはない」
とも受け取れます。

将来のお金のことを気にしない。

だから、お金の知識を知るつもりはない。
知るつもりがないから、無関心になる。
と繋がります。

お金を増やすために、なぜお金を好きになる必要があるのか

「愛」の反対の言葉はなんだか分かりますか?
嫌い?
憎い?

正解は、無関心です。

「嫌い」や「憎い」は
愛があるからこそ、その感情を抱きます。
愛というベクトルがネガティブの方向に向いているだけです。

一方、愛の反対の無関心というのは
何もない「無」の状態です。
お金に対して、ポジティブもネガティブも
いずれのベクトルも向いていません。
その結果、金融知識は身に付きません。
お金の好き嫌いもありません。

お金の存在をニュートラルにする

日本は「お金=はしたないもの」
という考えを刷り込まれている人が多いので
まず、この考えをニュートラルに戻す必要があります。

お金自体に良し悪しはない、ニュートラルな存在です。
お金という道具をどう使うかで
プラスのことが起こったり
マイナスのことが起こります。

お金に対するマイナスのイメージを払拭させるために
「お金が、自分の将来にどう活かされるのか」
をどんどん書き出してみてください。

例えば、
子どもを希望通りの学校に進学させられる。
この度の西日本の災害に寄付ができる。
キャリアアップのための学びができる。
趣味に没頭できる。
など。

お金があれば良いのに、という考えを持っている人はたくさんいても
お金があることのメリットを具体的に言葉にできている人は意外と少ないです。

言葉にできていないので
そのメリットが腑に落ちておらず
結果、行動に結びつ得けるのが難しくなっています。

よって、まずお金があることによるメリットを
できるだけ具体的にどんどん書き出してください。
そうすることで、
お金のマイナスのイメージはなくなり
お金を増やすことに意識が向くようになります。

投資の第一歩は「お金を好き」になること

お金持ちや資産家の特徴のひとつに
「お金が好き」があります。

好き=愛している=関心がある

だからお金を増やす、守る、減らさないための知識を身につけ
その結果、どんどんお金を増やしているのです。

お金の存在をニュートラルにし
お金があることによるメリットが腑に落ちると
自然とお金に関心を持つようになります。

関心がある=好きになる
です。

投資の第一歩は、
「お金を好き」になることなのです。

まとめ

資産形成をするためには
1.金融知識を身に付けること
2.お金のイメージをニュートラルに保つこと
が必要です。

そのためにも、お金に関心を向け、「好き」になってください。
好きになると、脳の仕組みも投資脳へと変化して
資産形成に必要な情報がどんどん舞い込んできます。

好きだから、苦なく金融知識が身に付けられます。
好きだから、楽しく資産形成をし続けられます。

「お金を愛したら増える」は
的を得た、名言なのかもしれません。

なぜ、成功者や経営者は瞑想を日常に取り入れているのか

みなさん、瞑想についてどんなイメージがありますか?
座禅を組んで、呼吸を整えて無になること?
瞑想すると眠くなる??

スティーブ・ジョブズが実践していたり
グーグルが会社のプログラムに入れていることでも
有名になっていますね。

日課に瞑想を取り入れている経営者も増えてきているようです。
多忙を極める経営者が実践しているということは
かなり効果があるはず!
その効果は、一体どんなものなのでしょうか。

先日、1流の瞑想家から瞑想について学ぶ機会があったので
そこでの学び、経験を踏まえてお伝えします。

意識を変えると現実は変わる

私たちは
現実=意識(Image) × 臨場感 (Vividness)
という関係で世界を捉えているそうです。

つまり、意識を変えるだけで
現実は変わるということです。

例えば、足の裏をくすぐられたら
くすぐったいですよね。
しかし、足の裏をくすぐられている時に
”足の裏を触られている”という感覚に意識を集中すると
(足の裏に意識を向けて、
そこを触られているという感覚に臨場感をもたせる)
足の裏をくすぐられても、くすぐったくありません。

少し意識を変えるだけで
現実を変えることができるのです。

認知の歪みを取る

これは、
意識を変える=認知の歪みを取る
も同じです。

私たちは、何か出来事に対して
認知の歪みをもって捉えている場合がたくさんあります。

出来事の「事実」をそのまま捉えているのではなく
そこに自分の意見を乗せて「解釈」しています。

例えば、
「もう7時だから、起きなさい」
と家族を起こす時に言っていた場合
これを言っている人には
「7時=遅い」という解釈が入っています。

人によっては
”まだ”7時、
つまり「7時=早い」
と解釈する人もいるでしょう。

事実は、
「いまは7時である」
と、1つしかありません。
しかし、解釈が入ると
「もう7時」や「まだ7時」と
認知が異なります。

この認知の歪みが自分に向かうと
既にたくさんの才能を身に付けているのに
その「事実」に気づかず
「自分はただの主婦」や「ただのサラリーマン」
という「解釈」で自分を判断してしまうため
事実を見誤ってしまいます。

認知の歪みを正す方法

では、どうすれば
認知の歪みを正すことができるのでしょうか?

それは
ひとつの出来事から
プラスとマイナスを同時に見るです。

ネガティブな出来事が起きたら
その出来事からポジティブな点を見つける。
ポジティブな出来事が起きたら
その出来事からネガティブな点を見つける。

ひとつの出来事には
必ず同じだけのプラスとマイナスが存在します。
必ずです。

「これは、ネガティブ」
と感じたなら
マイナスの面しか見ていないという
認知の偏り、歪みが起こっています。

それを「ネガィブだけど、ポジティブな点もある」と見れると
プラスとマイナスを両方見れていることになるので
認知の偏り、歪みを取り去り
事実を事実として捉えられていることになります。

この考え方を習慣化して身に付けると
本当に見える現実が変わります。

そして、現実の捉え方が変わり
自分の在り方までもが自然と変わります。

解釈を外し、認知の歪みをなくすだけで
現実が変わるなんて素敵じゃないですか。
現実を変えるのは
意外と簡単だったりするのです。

まとめ

私たちは意識を変えるだけで、
現実を変えることができます。
自分が望む方向に、現実を変えられるのです。

そのためにも
認知の歪みを取ることが大切です。

認知の歪みを取るために
全ての出来事をプラスとマイナスの両面から
見るよう、ぜひ習慣づけてください。

そして、望む未来をどんどん現実のものにしていきましょう!

学校教育に足りない教育、堂々の第1位は「マネー教育」

次代の人材育成
「学校に足りない教育は?」の質問に
投資などのマネー教育が1位となりました。

参照:日経新聞2018年4月24日朝刊

身を守るマネー教育

身を守るマネー教育が必須、とまで書かれています。
「身を守る」なんて大げさな!!
と、思いましたか?

全くお金の勉強をしなくても
いま、こうして何の問題もなく
生きれているのだから、と。

一方で、
去年(今もか?)一部で盛り上がった
ICO絡みの投資で
かなりの火傷を負った人もいます。

ICOの8割は詐欺

Bitcoin.comの統計によると、
ICOの81%が詐欺で、6%がプロジェクトが失敗、
5%がプロジェクトが終了、残りの8%が上場するそうです。
上場しても何もしないプロジェクトがあるので、
ICOの当たりを引く確率はかなり低いことが分かります。
参照:Bitcoin.com「80% of ICOs are Scams

ICOの81%が詐欺だなんて、
「あなただけに特別なおいしいICO投資がありますよ」
という話は、ほとんどが詐欺だと推測されます。
そういう話に乗らない=身を守るためのマネー教育は
大いに納得できる話です。

投資家が当たり前に身に潰えているお金の基礎知識

お金の知識をきちんと身につけた人なら
出資しても良いものなのか
タダのギャンブル案件なのか
分かります。

ICOも他の投資も
成功だけを盲目的に夢見て始めるのではありません。

お金の知識がある人や
ちゃんとお金を増やせている人は
自分のリスク許容範囲内
増えると期待できる投資にだけ
自己判断で投資をしています。

お金の基礎知識すらなければ
詐欺や失敗する投資に
出会う確率が高くなるので注意しましょう。

ちゃんとお金の知識を身につけたら
目の前の短期的な利益も
将来の長期的な利益も
バランス良く手に入れることができます。

将来のお金の不安をなくすたった一つの方法

投資を始める理由の一つに
「将来のお金の不安」があります。
将来のお金の不安は、
資産をどれだけ築いたらなくなるのでしょうか?

定年までに3,000万円や4,000万円の資産を作りましょうと
主張している記事をよく見かけます。
ということは、3,000万円や4,000万円の資産を築くと
将来のお金の不安はなくなるのでしょうか。

将来のお金の不安をなくすたった一つの方法

例えば、定年までに4,000万円の資産を作ったとして
1年後には3,500万円に減り
2年後には3,000万円に減りという状況で
お金の不安はなくなりますか?

それともこんな場合はどうでしょうか?
1年後も4,000万円
2年後も4,000万円

もしくは
1年後は4,100万円
2年後は4,200万円

定年後、いくら経っても資産が減らなかったり
減らないどころか増えたら
お金の不安なんて吹っ飛びますよね!

「使ったお金」と「投資で増えたお金」が同じ場合
資産は減りません。
「使ったお金」より「投資で増えたお金」が多い場合
資産は増えます

つまり、将来のお金の不安をなくすたった一つの方法は
投資でお金を増やし続けること
です。

FPの中には
「若い人はハイリスクハイリターンの運用をして
歳を重ねる事にローリスクローリターンに変更し
定年後は元本保証型(つまりは定期預金)に全額振り分けるのが良い」
とアドバイスされている方もいらっしゃいます。

せっかくお金を増やし続けたのに
定年後に運用を辞めてしまってはもったいないです。
定年になるまで運用していた商品がきちんと利益を出していたなら
定年後も、そのまま運用し続ける方が確実に良いです。

増え続ける資産のベース作り

では、将来のお金の不安をなくために
どんな商品を運用するのが良いのでしょうか。
まずは、投資信託で資産のベースを築くのをお勧めしています。

投資信託と言っても券会社の窓口で勧められる商品や、
ネット証券のホームページのトップで紹介されているような商品ではありません。

それらは往々にしてアクティブファンドという種類のもので
手数料が高いわりに、
長期間、期待したリターンを出し続けるものは少ないです。

最初に取り組むのは
インデックスファンドで十分です。
インデックスファンドでも年5~6%のリターンは出せます。

インデックスファンドは
小難しい金融知識を身につけていなくても
手数料や分配金の回数など
5,6個の項目をチェックするだけで
長期で運用するに値するものなのかどうかを
判断することができます。

インデックスファンドは
これから投資を始めるという方に
とても優しく、簡単で
増え続ける資産の基礎作りをしたい人にとっても
とても最適な投資商品です。

インデックスファンドで資産の基礎を築いた後から
株式や不動産、仮想通貨などの
ハイリスクハイリターン投資に入っても
全然、遅くはありません。

むしろ、インデックスファンドという安全網があるから
よりチャレンジした投資に踏み込んでも
失敗した時に大やけどを負わなくても済む
といった効果もあります。

まとめ

将来のお金の不安をなくすために必要なのは
〇〇万円といった資産ではなく
使っても減らないどころか、逆に増え続ける
金融資産を築いて運用することです。

そのための第一歩として
インデックスファンドで基礎作りから始めてみてはいかがでしょうか。