あなたはどっち?日雇い労働者思考、それとも経営者思考

どれだけ長期的な視点で物事を考えられるかで、得られる収入が変わる。
こんな話を聞いたことありますか?

1日単位で考えている人は、日雇い労働者思考。
1ヶ月単位で考えている人は、ヒラの会社員思考。
3ヶ月毎や、1年単位で考えている人は、部長クラスの会社員思考。
3年以上先のことまで考えている人は、経営者思考。

短期思考と長期思考がもたらす違い

長期的な展望を持っているかどうかは、人生の成功を大きく左右します。日々、「今日一日だけ」を考えている人と、5年後10年後を考えている人とでは忍耐力が変わってくるからです。

10年先のことまで考えていると、物事の良し悪しを短期で評価しないため”今日”を頑張ることができます。一方、今日のことだけを考えていると、今日の成果に焦点が当たるため短期の誘惑にすぐに負けてしまいます。それが1ヶ月、1年、10年と続くと、備わる忍耐力に大きな差が生まれ、それによってもたらされる結果にも大きな違いを生みます。

特に資産形成においては、短期の誘惑にかられると、少し利益が出たところですぐに利益確定をしてしまいます。それでは、残念ながら複利の効果を享受することができません。これは資産形成をする上では非常に残念な結果です。

一方、長期思考で資産形成をすると、10年後や15年後などの将来のために投資し続けるというビジョンがあるため、少しの利益が出たところで利益確定をすることはありません。自分のビジョンに沿って運用し続けるため、複利の効果も存分に活用でき加速度的に資産を増やすことができます。

長期思考でこれからのキャリアを考える

長期思考に立つと成果を出せるのは資産形成だけではありません。キャリア形成においても、同じです。特に、今の30代やそれより若い世代の人は確実に人生100年時代を生きるため、働き方の考えを一新する必要があります。

「この会社が良い」「せっかく良い会社に入ったんだから頑張りなさい」という、親からのアドバイスはありがたく頂くだけで、右から左に聞き流しましょう。最新の情報、時代の流れをつかんでいるのは親ではなく、「現役の私たち」の方です。あなた自身の感覚をより重視してください。

充実したを仕事、キャリアを送るとために必要なこと

人生100年時代をどう生きるのかは、世界的にヒットした著書『ライフ・シフト』に詳しく記載されています。今回は『ライフ・シフト』の著者、リンダ・グラットン氏が書かれた『ワーク・シフト』から、長期思考に立ち、これから幸せに働き続けるために必要な3つの能力をご紹介します。

1.職業人生を通じて、自分が興味を抱ける分野で高度な専門知識と技能を習得し続ける能力
2.友人関係や人脈などの形で人間関係資本を育む能力
特にや強い信頼と深い友情で結ばれた少数の友人との関係を大切さにしながら、自分とは違うタイプの大勢の人たちと繋がり合うことが大切です。
3.所得と消費を中核とする働き方を卒業し、創造的に何かを生み出し、質の高い経験を大切にする働き方に転換する能力

何かしら1つの能力を磨き上げるのは立派なことです。と同時に、それが1つの企業の中でしか通用しない能力なら、どうでしょうか?残念ながら、自分の市場価値を下げることはありませんが、市場価値が上げることにもなりません。

今、目の前の仕事をやり遂げるだけの視点から少し視線を伸ばし遠くの自分が送りたい人生を想像し、より多くの場面で活用できる高度な専門技術を磨いていきましょう。

まとめ

人生100年時代とは聞くものの、毎日の生活に精一杯の方もいるでしょう。新しい時代に向けて既に動き始めている人もいるでしょう。動き出している人はどうぞ、その活動を継続されてください。まだ動きだせていない、これから動き出す人は、まず長期的な視点に立つことから始めて見てください。

長期的な視点に立ち、自分が進みたい道を決めることで、日々の些細な結果に心が揺れ動かなくなります。それが仕事において成果をだすのはもちろんのこと、資産形成においては本当に大きな効果を表します。

ぜひみなさんも経営者思考を身につけて、これからの長い人生、幸せに過ごしていきましょう。

不得意なことを手放す方が組織は成長する『2:8の法則』

得意なことだけ仕事をする。
好きなことだけ仕事をする。
自分の価値観に沿ったことを仕事にする。

それ以外は全て断捨離し、他の人に任せる。
そうすることで、組織や会社は飛躍した成果を出すことができます。

嫌なことを頑張っても、成果はたかがしれている

不得意なことを、時間をかけてやり遂げたとして、
本人としては達成感を得られるかもしれませんが
組織運営上は本人ほどの評価を与えるかといえば、そうとは限りません。

なぜなら、不得意なことに対する完成度は、得意なことと比べて
得てして、その完成度は低いからです。

学校なら、頑張りようや、取り組む姿勢を評価されるかもしれません。
ですが、ビジネスにおいては結果を出すことが最優先事項です。
残業してまで頑張ったけど、結果はいまいちは
高評価の対象に含まれません。

全部自分がしなければ!その考えは傲慢です

では、不得意や嫌だと思う仕事、業務にはどのように対処すればよいでしょうか?
それは、そのような業務は全て手放し、得意な人に任せます。

それだと、会社組織として仕事が回らないのでは?
やっぱり自分が我慢してでも、与えられた仕事はやり続けなければいけないのでは?
と、真面目な人ほど思いがちでしょう。
その思いこそが会社の成長を阻害する要因であり、自分自身への傲慢にもなっています。

世の中は、あなたが思っている以上にバランスが取れています。
あなたが「不得意だからやりたくない」と思っている仕事でも
「その仕事、得意です。やりたいです!」と手を上げる人がいて上手く空いた穴を埋めてくれます。

これは『2:8の法則』に当てはめて考えられます。

不得意なことは手放す方が成長する『2:8の法則』

2:8の法則とは、
2割の社員の働きで8割の売上げを占め
8割の社員の働きで2割の売上げを占める
法則です。
正式には、パレートの法則と言います。

この法則はビジネスやマーケティングの様々な場面で活用されていますが、
営業などのプレイヤーの働き方に当てはめて考えた場合
上位2割の人が転部や転職などで抜けた場合、
8割に属していた人の中から、上位2割に組み込まれる働きを発揮する人が現れる
となります。

ポイントは、売上に貢献してた人が抜けたからと言って売上げが自動的に下がるのではなく
空いた枠を補填する人材が、組織の中から現れる点です。

これを基に考えると
あなたが不得意だ、苦手だと思いながらも、言われた仕事を全て請け負っている限り
あなたより、より効率的にできて、かつ楽しく仕事をできる人がいたとしても
その働きの出現を阻害していることになります。

自分が全部やらなきゃ組織が回らない、と思うのは
全くの誤解であり、あなたの傲慢からくる勘違いでもあります。

最も上手く組織を回す方法は
得意なことや、自分が大切だと思っていることだけに集中し
不得意なことや、自分にとって大切だと思えないことからは一刻も早く手を引くことです。

まとめ

得意だろうが、不得意だろうが言われた仕事は全て自分でする
という時代はもはや過去の産物です。

自分にとっても、会社にとっても、最も効率的にかつストレスフリーで成果を出す方法は
好きなこと、得意なことだけに集中し
他のことは思い切って断捨離することです。

断捨離した仕事や業務は、2:8の法則が上手く働いて
その業務に対してあなた以上に得意で、好きだと思っている人が
見事にカバーしてくれます。

自分が全部しなければ、と思うのは傲慢の至りです。
かつ、多大なストレスの原因にもなります。

2:8の法則を信じて、
得意なこと、好きなこと、価値観を満たすことだけに全てを集中させましょう。
そうすることが、なによりも会社や組織の成長に貢献することができるのです。

100歳まで働くって、ぶっちゃけどうなの?

人生100年時代。
これからの時代を生きていくためには、60歳、65歳で引退していては
残りの人生の生活費が大変!
当然、年金だけでは生活するのは厳しい。
ということで、政府は70歳まで働き続けることを検討し始めました。
しかし、よく考えると、国に働く期間を決められる必要はありません。

働きたくなければ働かなくても良い

50歳でも60歳でも、自分がもうこれ以上、
お金のために時間を切り売りしたくないと思えば、働く必要はありません。

もちろん、そのためには
早くから資産形成を始めて
経済的自立(投資による運用利益で理想の生活を送る費用を賄える)
状態になっている必要はあります。

そして、働いていた時間に何をして過ごすのか
決まっている方がより良いです。
無駄に時間を過ごすだけだと、精神的に病んでしまいますから。

100歳まで働くって、ぶっちゃけどうなの?

一方で、経済的自立を目指して資産形成をしてい真っただ中にいるなら
80歳でも100歳でも寿命が続く限り、
健康で、お金も潤沢な人生を生きるためには、
いつまでも働き続けるのが一番です。

もちろん、嫌な仕事を続けるということではありません。
死ぬ直前までやりたい!と思える
自分の価値観を満たしたところで仕事をするのが大前提です。

と、常々お伝えしていますが
「100歳まで仕事をするなんて無理です。」
という意見をいただきました。

脳の仕組みを使って、無理から可能に変える

無理だと考えると、その瞬間に可能性は閉じます。
なので、あなたが望む通り
100歳まで働き続けることは無理です。

なぜなら、脳の仕組み上
「無理・嫌い・つまらない」と感じる情報は、
マイナスのレッテルが貼られ、理解し難く、覚えられず、行動を促しません。

一方、「なるほど・好き・楽しい」と感じる情報は
「これは筋が通っている!自分もやってみたい」
という気持ちを起こす自己報酬神経群に伝えられます。

それが、視床(視覚、聴覚、体感覚などの感覚入力を大脳新皮質へ中継する重要な役割を担う)や、
海馬(記憶を司る)を経て、自分の考えを生み出し、記憶につなげていきます。

この思考回路は、エンドレスに回り続ける回路になっているので、
繰り返し考えることで新しい発想が生まれます。
その発想が新しい行動を導きます。

一つの情報に対して
「無理」と思うのか、
「なるほど!どうやって実現するの?」と思うのかで
脳は全く異なる働きをします。
その結果、訪れる未来も全く異なるものになります。

まとめ

いつまで働き続けるのか、いつ働きを辞めるのか、
本来は国の制度に左右されず自分で自由に決めることができるはずです。

良くも悪くも寿命が延びている時代に生きているのだから
脳の機能も最大限に活用して
楽しく、可能性をどんどん切り開く人生を送りましょう。

副業解禁時代だからこそ押さえる副業の3つの効果

今年に入り、中小企業だけでなく大手企業までが
どんどん副業解禁に動いています。
中小企業に関しては、2014年と比べると約4年で2倍以上の数の企業が
副業解禁に動いているという調査結果もあります。

政府もこの動きを後押しして、
今年の1月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成しました。

企業や政府があの手この手で副業支援を始めたのには理由があります。
それは、これまでの
企業からの収入(給与や退職金)と国の支援(年金など)では、
100年と言われている人生を生きる費用を賄いきれないからです。

働いて自分の力で収入を増やし
その収入を貯金ではなく投資をして、更にお金を増やす
ことが、ますます求められる時代になっているのです。

副業の効果とは

副業解禁へと時代は動いているとはいえ、
副業には一体どんな効果があるのでしょうか?
ここで改めて、その効果を見てみましょう。

大きく3つあります。
1.他業種の経験を積んで本業に生かす
2.副業で収入を増やす
3.お金を受け取る免疫が身に付く

1.他業種の経験を積んで本業に生かす

本業とは全く関係がない業界での仕事経験や知識が
自分の知見を広げることに繋がります。
本業の業界しか知らない人よりも柔軟な対応ができることにも寄与し、
それによって、本業でより高い成果を出すことの助けにもなります。

このような、他業種の事例や常識を取り入れたことで
成功した事例は事業運営でもたくさんあります。

例えば、高級旅館「星のや」などで知られる星野リゾートがあります。
星野リゾートは、トヨタ自動車の『多能工』を手本にした
マルチタスクのスタッフを揃えることで
強みを磨いています。
自動車製造業というホテル運営とは全く違う業界の成功事例から
成功要素を取り入れることで、事業を大きく成長させているのです。

また、副業経験者の中にはスキルアップ、年収アップ、人脈づくりや経験の蓄積、
そして地域活性化を求めて働いている人もいます。
副業に求めることは人それぞれですが、自身の成長や社会に対する貢献など、
ポジティブな理由が多くを占め、仕事に対する意欲の高さ、
副業による本業への相乗効果を伺うことができます。

2.副業で収入を増やす

会社の昇給は通常月1万円もない場合が多いです。(昇級の場合は除く)
副業によって、月の収入が1万円でも2万円でも増えることは
経済的に非常に大きなインパクトを与えます。

お金の不安は「生存の危機」と言われるくらい心理的に悪影響を与えます。
これは決して大げさではなく、
お金がないと、食べ物を買えない。
人は食べないと生きていけない。
という繋がりがあるからです。

また、不安にかられているとストレスホルモンも分泌され
本来持っているパフォーマンスも発揮できなくなり
仕事での成果も出しにくくなります。

その悪影響が副業によって収入が増えるとなくなるので
(お金の不安がなくなるため)
ストレスホルモンも分泌されず、正常に仕事をすることができます。
ともすれば、安心感によってそれまで以上のパフォーマンスを発揮して
仕事で成果を出す人もいるでしょう。

そうすると、
副業での収入増+本業での収入増とダブルで収入が増える
なんとも嬉しい状況になります。

3.お金を受け取る免疫が身に付く

これは将来、サラリーマンから独立して
おひとり様起業をしようとしている人には特に大切です。

多くのサラリーマンにとって、お金を受け取るのは
会社から振り込まれる給与のみです。
自分が提供したサービス(有形・無形問わず)に見合う金額を自分で設定し
それを相手に請求して、お金を受け取る
という経験をほとんどしません。

その結果、
お金を請求することに躊躇する。
お金を受け取ることに躊躇する。

好きなことを仕事にして楽しいけれど、経済的に豊かにならない
という起業家の人は、漏れなくこの躊躇心を持っています。

お金を請求することはネガティブ
お金を受け取ることはネガティブ
というベースが無意識に刷り込まれているので、
このように思ってしまいます。

それが、副業(アルバイトのようなどこかで雇われるのは別として)を通して
自分が提供したサービスの価値に見合う金額を受け取ることを経験することで
この躊躇心、いわゆる、お金のメントルブロックを徐々に外すことができます。

副業も価値と価値の交換で成り立っています。
自分が提供したサービスが、どれだけの価値があるかを判断し
それに見合う金額を相手に請求することは
サービスを受け取った相手にも、
その価値をしっかりと認識してもらえます。
そうすることで、価値に見合った金額を正常に循環させることができます。
この価値の循環を理解し、体験することで
お金のブロックも徐々に外れていきます。

このブロックはサラリーマンのような、毎月お金が自動で振り込まれる
という経験だけで取るのは難しいです。

副業サラリーマン時代にこのブロックを取り去ると
提供した価値に見合った金額を躊躇なく請求することができます。
提供した価値に見合った金額を躊躇なく受け取ることもできます。

人生100年時代と言われている今、
現役時代はサラリーマンとして働いたとしても
定年後にそれまでの経験を活かして起業するということも十分考えられます。

起業する時に、このお金のメンタルブロックがなく
価値に見合ったお金を請求して、素直に受け取れる免疫をつけておくことは
ビジネスを成長させるための大きな助けにもなります。

まとめ

副業による、本業への悪影響はゼロとは言いません。
ですが、今後の会社での働き方や人生100年時代の生き方を考えると
もはや副業は当たり前の働き方の一つになるのではないか、と考えています。

ソフトバンク株式会社の人事部の方は
「副業がもっと広がれば、一人ひとりが会社に縛られ続ける必要がなくなり、
年功序列、長時間労働、終身雇用といった日本型の雇用システムが崩れると思います。
そして、副業をする人が増えれば、成長している産業に人材が集まっていくので、
日本の労働生産性は上がっていくのではないでしょうか」
と語っています。

今の働き方を見直したい、将来起業したいなどと考えている方は
まず副業から始めてみるのをお勧めします。
そして、この3つの効果を実感されてみてください。

なぜ、成功者や経営者は瞑想を日常に取り入れているのか

みなさん、瞑想についてどんなイメージがありますか?
座禅を組んで、呼吸を整えて無になること?
瞑想すると眠くなる??

スティーブ・ジョブズが実践していたり
グーグルが会社のプログラムに入れていることでも
有名になっていますね。

日課に瞑想を取り入れている経営者も増えてきているようです。
多忙を極める経営者が実践しているということは
かなり効果があるはず!
その効果は、一体どんなものなのでしょうか。

先日、1流の瞑想家から瞑想について学ぶ機会があったので
そこでの学び、経験を踏まえてお伝えします。

意識を変えると現実は変わる

私たちは
現実=意識(Image) × 臨場感 (Vividness)
という関係で世界を捉えているそうです。

つまり、意識を変えるだけで
現実は変わるということです。

例えば、足の裏をくすぐられたら
くすぐったいですよね。
しかし、足の裏をくすぐられている時に
”足の裏を触られている”という感覚に意識を集中すると
(足の裏に意識を向けて、
そこを触られているという感覚に臨場感をもたせる)
足の裏をくすぐられても、くすぐったくありません。

少し意識を変えるだけで
現実を変えることができるのです。

認知の歪みを取る

これは、
意識を変える=認知の歪みを取る
も同じです。

私たちは、何か出来事に対して
認知の歪みをもって捉えている場合がたくさんあります。

出来事の「事実」をそのまま捉えているのではなく
そこに自分の意見を乗せて「解釈」しています。

例えば、
「もう7時だから、起きなさい」
と家族を起こす時に言っていた場合
これを言っている人には
「7時=遅い」という解釈が入っています。

人によっては
”まだ”7時、
つまり「7時=早い」
と解釈する人もいるでしょう。

事実は、
「いまは7時である」
と、1つしかありません。
しかし、解釈が入ると
「もう7時」や「まだ7時」と
認知が異なります。

この認知の歪みが自分に向かうと
既にたくさんの才能を身に付けているのに
その「事実」に気づかず
「自分はただの主婦」や「ただのサラリーマン」
という「解釈」で自分を判断してしまうため
事実を見誤ってしまいます。

認知の歪みを正す方法

では、どうすれば
認知の歪みを正すことができるのでしょうか?

それは
ひとつの出来事から
プラスとマイナスを同時に見るです。

ネガティブな出来事が起きたら
その出来事からポジティブな点を見つける。
ポジティブな出来事が起きたら
その出来事からネガティブな点を見つける。

ひとつの出来事には
必ず同じだけのプラスとマイナスが存在します。
必ずです。

「これは、ネガティブ」
と感じたなら
マイナスの面しか見ていないという
認知の偏り、歪みが起こっています。

それを「ネガィブだけど、ポジティブな点もある」と見れると
プラスとマイナスを両方見れていることになるので
認知の偏り、歪みを取り去り
事実を事実として捉えられていることになります。

この考え方を習慣化して身に付けると
本当に見える現実が変わります。

そして、現実の捉え方が変わり
自分の在り方までもが自然と変わります。

解釈を外し、認知の歪みをなくすだけで
現実が変わるなんて素敵じゃないですか。
現実を変えるのは
意外と簡単だったりするのです。

まとめ

私たちは意識を変えるだけで、
現実を変えることができます。
自分が望む方向に、現実を変えられるのです。

そのためにも
認知の歪みを取ることが大切です。

認知の歪みを取るために
全ての出来事をプラスとマイナスの両面から
見るよう、ぜひ習慣づけてください。

そして、望む未来をどんどん現実のものにしていきましょう!