なぜ、成功者や経営者は瞑想を日常に取り入れているのか

みなさん、瞑想についてどんなイメージがありますか?
座禅を組んで、呼吸を整えて無になること?
瞑想すると眠くなる??

スティーブ・ジョブズが実践していたり
グーグルが会社のプログラムに入れていることでも
有名になっていますね。

日課に瞑想を取り入れている経営者も増えてきているようです。
多忙を極める経営者が実践しているということは
かなり効果があるはず!
その効果は、一体どんなものなのでしょうか。

先日、1流の瞑想家から瞑想について学ぶ機会があったので
そこでの学び、経験を踏まえてお伝えします。

意識を変えると現実は変わる

私たちは
現実=意識(Image) × 臨場感 (Vividness)
という関係で世界を捉えているそうです。

つまり、意識を変えるだけで
現実は変わるということです。

例えば、足の裏をくすぐられたら
くすぐったいですよね。
しかし、足の裏をくすぐられている時に
”足の裏を触られている”という感覚に意識を集中すると
(足の裏に意識を向けて、
そこを触られているという感覚に臨場感をもたせる)
足の裏をくすぐられても、くすぐったくありません。

少し意識を変えるだけで
現実を変えることができるのです。

認知の歪みを取る

これは、
意識を変える=認知の歪みを取る
も同じです。

私たちは、何か出来事に対して
認知の歪みをもって捉えている場合がたくさんあります。

出来事の「事実」をそのまま捉えているのではなく
そこに自分の意見を乗せて「解釈」しています。

例えば、
「もう7時だから、起きなさい」
と家族を起こす時に言っていた場合
これを言っている人には
「7時=遅い」という解釈が入っています。

人によっては
”まだ”7時、
つまり「7時=早い」
と解釈する人もいるでしょう。

事実は、
「いまは7時である」
と、1つしかありません。
しかし、解釈が入ると
「もう7時」や「まだ7時」と
認知が異なります。

この認知の歪みが自分に向かうと
既にたくさんの才能を身に付けているのに
その「事実」に気づかず
「自分はただの主婦」や「ただのサラリーマン」
という「解釈」で自分を判断してしまうため
事実を見誤ってしまいます。

認知の歪みを正す方法

では、どうすれば
認知の歪みを正すことができるのでしょうか?

それは
ひとつの出来事から
プラスとマイナスを同時に見るです。

ネガティブな出来事が起きたら
その出来事からポジティブな点を見つける。
ポジティブな出来事が起きたら
その出来事からネガティブな点を見つける。

ひとつの出来事には
必ず同じだけのプラスとマイナスが存在します。
必ずです。

「これは、ネガティブ」
と感じたなら
マイナスの面しか見ていないという
認知の偏り、歪みが起こっています。

それを「ネガィブだけど、ポジティブな点もある」と見れると
プラスとマイナスを両方見れていることになるので
認知の偏り、歪みを取り去り
事実を事実として捉えられていることになります。

この考え方を習慣化して身に付けると
本当に見える現実が変わります。

そして、現実の捉え方が変わり
自分の在り方までもが自然と変わります。

解釈を外し、認知の歪みをなくすだけで
現実が変わるなんて素敵じゃないですか。
現実を変えるのは
意外と簡単だったりするのです。

まとめ

私たちは意識を変えるだけで、
現実を変えることができます。
自分が望む方向に、現実を変えられるのです。

そのためにも
認知の歪みを取ることが大切です。

認知の歪みを取るために
全ての出来事をプラスとマイナスの両面から
見るよう、ぜひ習慣づけてください。

そして、望む未来をどんどん現実のものにしていきましょう!

自己分析に悩んだら、まず○○を明確にする

「好きなことを仕事にする」や「強みを活かして仕事をする」
ということが言われて久しいです。

みなさんは好きなことを仕事にできていますか?
強みを活かせていますか?
自分の強みを把握されていますか?

自分の好きなことや強みは
意外と自分で正しく把握していない場合が多いです。
ズレた自己分析をしてしまっているということですね。

今回は自分の本当の「好き」と「強み」を知るための
簡単にできる自己分析のコツをお伝えします。

自己分析は価値観の明確化から始まる

「好き」と「強み」のベースになっているものは、自分の価値観です。
ここでいう価値観には優先体系があり、
第一の価値観、第二の価値観・・・と順位付けができます。
そして、上位の価値観を満たすほどに、「好き」と「強み」の要素が強まります。
(この繋がりについては、別の記事で紹介したいと思います。)

価値観を見つける方法は
1. 毎月最もお金を使っているものは何ですか
2. 1日24時間のうち最も時間を使っているものは何ですか(睡眠は除きます)
3. 自分の身の回りの空間を最も占めているものは何ですか

この3つの質問に答えることです。
それだけで自分の価値観が見えてきます!

この時のポイントは
主観ではなく客観的に考えることです。

例えば、毎月「外食費」の支出が一番多いのに
食事は大したことがないからと除く人がいます。
これでは客観的な分析からズレてしまいます。

この分析をする時は
「大したことがない」というような主観での判断は一切不要です。

価値観は潜在意識が知っている

好きなことや強みの基になる価値観は潜在意識に基づいています。

私たちの意識は潜在意識と顕在意識の2種類があり、
潜在意識が97%も占めています。
つまり、私たちの行動のほとんどは
潜在意識から来ている、と言えます。

潜在意識=無意識で大切だと思って取っている行動を
あとから顕在意識=主観を基に考えると
本当に大切だと思っていることの分析がズレてしまいます。

「好き」だと思っていたことを仕事にしてみたものの
なんだかしっくりこないという方は
主観的に考えて「好き」を見つけている可能性があります。

自己分析が上手くいかないのも
主観的に考え、知らず知らずのうちに
「自分とはこうあるべき」、「こういう人間のはずだ」
と思っていることが原因の一つです。

他人の行動記録を分析する、という感覚で行うと
客観的に考えやすくなるかもしれません。

自己分析の答えは「なぜ」の先にある

上記3つの質問の答えが出ると
最後になぜそれなのかと、「なぜ」を深掘りします。

・なぜ外食をするのか?
⇒友達と一緒に食事をするのが好きだから

・なぜ友達と食事をするのが好きなのか?
⇒食事をしながらいろいろ話をすることで、仲を深められるから

というように、「仲を深める」「人との付き合い」を大切にしている
という価値観が現れます。

この「なぜ」の深掘りは、
もうこれ以上答えが出ない、もしくは表現は違えど言っていることは同じ
とう状況になるまで繰り返します。

「なぜ」の先に、あなたの価値観があります。
そして、価値観を満たすものが、
「好きなこと」であり「強み」になるのです。

まとめ

いろんな自己分析の方法がありますが、
自分が好きなものは・・・と主観的に考えると
自分の本当の価値観からズレた答えが出る可能性があります。

自分の強みなどは、普段の行動に既に現れています。
無意識の行動なのでそれに気が付いていないだけです。

今回ご紹介した3つの質問に客観的に答えて「なぜ」を深掘りし
本当の自分が分かる自己分析に役立ててください。

 

『ONとOFF、ダブルで稼ぐための7日間無料メール講座』