学校教育に足りない教育、堂々の第1位は「マネー教育」

   

次代の人材育成
「学校に足りない教育は?」の質問に
投資などのマネー教育が1位となりました。

参照:日経新聞2018年4月24日朝刊

身を守るマネー教育

身を守るマネー教育が必須、とまで書かれています。
「身を守る」なんて大げさな!!
と、思いましたか?

全くお金の勉強をしなくても
いま、こうして何の問題もなく
生きれているのだから、と。

一方で、
去年(今もか?)一部で盛り上がった
ICO絡みの投資で
かなりの火傷を負った人もいます。

ICOの8割は詐欺

Bitcoin.comの統計によると、
ICOの81%が詐欺で、6%がプロジェクトが失敗、
5%がプロジェクトが終了、残りの8%が上場するそうです。
上場しても何もしないプロジェクトがあるので、
ICOの当たりを引く確率はかなり低いことが分かります。
参照:Bitcoin.com「80% of ICOs are Scams

ICOの81%が詐欺だなんて、
「あなただけに特別なおいしいICO投資がありますよ」
という話は、ほとんどが詐欺だと推測されます。
そういう話に乗らない=身を守るためのマネー教育は
大いに納得できる話です。

投資家が当たり前に身に潰えているお金の基礎知識

お金の知識をきちんと身につけた人なら
出資しても良いものなのか
タダのギャンブル案件なのか
分かります。

ICOも他の投資も
成功だけを盲目的に夢見て始めるのではありません。

お金の知識がある人や
ちゃんとお金を増やせている人は
自分のリスク許容範囲内
増えると期待できる投資にだけ
自己判断で投資をしています。

お金の基礎知識すらなければ
詐欺や失敗する投資に
出会う確率が高くなるので注意しましょう。

ちゃんとお金の知識を身につけたら
目の前の短期的な利益も
将来の長期的な利益も
バランス良く手に入れることができます。

 - 資産形成